SYDNEY OLYMPICS V

'00.09.16. updated

V.バドミントン

各競技は、このようなアイコンで表示されている。
お待たせし致しました。写真追加です。(9.19)

いよいよ今日はオリンピックパークへ。
観戦チケットを持っている人は、なんとそこへ行くまでのバス、電車は全てただ!という、豪勢なチケット(^◇^)
しかしね〜、もともとうちから一番近い駅の改札は、無人なのだ。
ここから、セントラルまで行き、そこからオリンピックパーク行きに乗り換える。
いたるところに、案内の人が立っているのだけれど、セントラルにも検札は何処にも無い。
なんと、パークを降りても、改札らしきものが見当たらない!
誰でもここまで只で来れるのか?(^◇^)

いざ、会場入場。さすがにここでは金属検査がある。空港で通るあのゲートですね。
入る前に、「ポケットのコインやキーは、こちらに」とお弁当箱の下だけ(本当に同じもの!)を、一人一人丁寧に渡され、手荷物はベルトコンベアへ・・・人間はゲートへ。
ん?まてよ?あれだけ手荷物は注意されたのに、誰一人チケット確認しなかったぞ!
えーーーーーー!ここもそのまま入れるの?
帽子型日傘!
いうまでもない^^;
まぁ、確に、チケット持っているかどうかより、安全の方が問題だけれどね。
なんか、合理的というか、なんと言うか・・・

ここにきても、かならずやある「マクドナルド」(^◇^)
腹が減っては・・なので、とりあえず腹ごしらえを。
会場への食事の注意書きには、「まず、”アイスクーラーにたっぷりのビール”は忘れましょう」。はい、国民性そのまま反映した書き出しですね。
酒類は持ち込み禁止。

腹ごしらえが済み、いざバドミントン会場へ!
ブースに通じる通路で、ようやくチケットの提示を求められる。
あ、さすがにただで観戦は出来ないわけね。当たり前か!(^◇^)
2時から始まるのに、会場に着いたのは3時ごろ。
3つのコートでは、ミクストダブルスの試合が着々と進んでいる。
オーストラリアが出ていると、歓声もひときわなのだが、
ふと気がつくと、日本語の応援が聞こえる。
「がんばろーぜーーー!」
振り向くと?どうみてもオージーのおにーちゃん^^;
フォルムの美しい、コカコーラの自動販売機。
瓶の絵も立体!
コダック少年。愛らしい(^.^)
「がんばろーぜーーー!」
ほら、言ってる。
「ちがうよ、あれは」
「Come on Aussie」
と言ってるんだよ。・・・・・・・?
「ほんまや、そうとも聞こえる。」

唯一みた日本人選手は、女子シングルの「米倉 加奈子」
相手は何人だっけ?・・・忘れた^^;
ほとんどが相手のミスによる取得点で、全然話にならず、あっさり勝って帰っていった。
凄かったのは、グレートブリテンvsインドネシア
私は発見した!グレートブリテン・ハエたたき戦法!
ラケットの構えが始めから下向きで、飛んでくる羽をいきなり頭から叩いて落とすのだ。もう、どうみても”ハエたたき”^^;
しかし、これが素早くてパワフル。
対するは、"インドネシアのけぞりスマッシュ!"
ハンドボールのシュートかと思った^^;
決まり方のシャープさが違う。
それ以前に、ラリーの早さ、見事さ。
結局は、インドネシアが2セット続きで取っていってしまったが、見ごたえのある試合だった。
米倉さんの時には、ほとんどラリーが無かったものね・・・^^;

2時から5時の試合が終わったのは、6時過ぎ。

Yuu's Cafe (BBS)
I.始まるまで
II.チケット
III.トーチリレー
IV.開会式
VI.柔道
VII.アーチェリー
VIII.カヌー/スラローム
X.女子マラソン XI.近代5種(00.10.06)

message to me

copyright(c)2000 YUU All right reserved.
写真の無断転載禁止